鍼灸マッサージ師が働きやすい職場」を目指して、平成23年8月に会社を設立しました。
多くの会社が、「患者さま第一」との理念を掲げています。しかし、「患者さま第一」とは言うものの、実態が伴っていないケースをよく耳にします。この業界では、歩合制によるモラルの低下、過密な訪問スケジュールによるサービスの低下などが言われております。訪問マッサージ業者に入社した多くの新卒の方が、わずか一ヶ月で独り立ちし、いきなり一日10件のスケジュールを訪問している現状があります。患者さまに接する施術者の心に余裕がなければ、患者さまに良いサービスを提供することは難しいのではないでしょうか。
「患者さまが喜んでるからいいじゃないか」ではなく「我々自身が満たされていなければ、患者さまを満たすことはできない」なのです。
「社員第一、患者さま第二」とは、決して患者さまをないがしろにするということではありません。「社員第一」を実践し、働きやすい環境を整えれば、何も言わなくても社員は患者さまに良いサービスを提供する。逆説的ですが、「社員を第一」にすることが「患者さま第一」への近道と考えています。
一般的な就職活動をしている大学生の中に、「人の役に立ちたいから」と就職先を決めている人がどれほどいるでしょうか?
ほとんどの鍼灸マッサージ師の方は、「人の役に立ちたい」という明確な思いを持ち、この道に進むことを決意されたことと思います。志をもつ人には、その志を発揮することのできる適切な場さえあればよいのだと思います。
「鍼灸マッサージ師が働きやすい職場」を用意することができれば、患者さまにより良いサービスを提供できると確信しております。
みどりの風は「鍼灸マッサージ師が働きやすい職場」を追求していきます。

経営理念

人に感謝し、社員の経済的な豊かさと、精神的な豊かさを追求する

ビジョン

鍼灸マッサージ師が働きやすい職場をつくる
自分が老いたときに受けたいサービスをつくる

価値観

・素直に謙虚に協調性を持って働く

「素直さ」「謙虚さ」「協調性」は、人間関係が良好な職場を作るためには必要不可欠な要素です。
上司であろうが、新人であろうが、年上であろうが、年下であろうが、個の人格を持った人間です。
立場がどうであろうが、お互いを尊重し、お互いを思いやり仕事をする。
自分より立場の弱い人の気持ちを考え仕事をする。
この考え方が、「働きやすい職場」をつくるためには必要だと考えます。

・身だしなみ

人は見た目で判断されてしまいます。
特に訪問の仕事は患者さまだけでなく、家族やケアマネ、施設職員の方に判断されます。
例えどんなに技術や知識があろうが選ばれなければ患者さまの役に立つことはできません。
そのために、身だしなみ(服装、話し方、立ち居振る舞い)を意識しなければいけないのです。

・相互扶助

人には能力差があります。できる人もいれば、できない人もいる。
できる人はできない人のできない部分を助け、できない人は自分ができることを人以上にし、できる人を助ける。
互いができることをし、助け合うことが大事だと考えます。
お互い様の気持ちを持って仕事をして行きたいです。

・我々の顧客は、患者さま、ご家族、CM、施設、施設職員、患者さまに関わる全ての人と、我々自身

自分たちが働きやすい職場を自分たちの手で作り、その職場を享受するという意味で、我々自身が最大の顧客であります。

・勉強する

人として成長するために勉強しなければなりません。
良いサービスを提供するためにも勉強しなければなりません。
一生勉強し、一生成長し続けたいです。

「呉竹鍼灸柔整専門学校ホームページ『活躍する卒業生』で紹介されています。

金城 岳大